50にして天命を知る

 

と言う。

 

わたくし的には

 

50にして天命を決める

 

かと、思う。

 

違ったんだよ実はお前さん。

 

と,向こうに戻ってから言われても、

 

ああ,いいんです。僕が決めたことですから。

 

と、涼しい顔でうそぶくのが目標。

 

音楽は2、定位置。

 

そんなやつが,中2の夏を境にミュージシャンになること以外考えなくなった。

 

おい,おい,お前,そっちじゃなかろうに。

 

と,守護霊は慌てただろうか?

 

そんなささやきにも耳を貸さず

 

椅子取りゲームで無理くりお尻を押し込んで

 

デビューのいすに座り込んで、

 

ごり押しで始めた天命違えの音楽人生。

 

それでも、必死でしがみつき、

 

周りの人たちに助けられ

 

天命通行許可証をを持ってないがために、やたら詳しくなった検問のいない裏道情報を駆使して、たどり着いた20年。

 

ちがう!ちがう!と追いかけて来ていた神様の使いも、いい加減もうあきらめた。

 

もう好きにしなさい,面倒見きれんわ。

 

と,ジョンが苦労の末手に入れたアメリカの永住権よろしく、手にした天命免許証。

 

さあやっとこれでおれも、、、と、、みてみると

 

条件付きの免許証。

 

以下の荷物を持って向かうべし。と,書かれた病名パーキンソン。

 

天命違えの罰ならば、サイドブレーキ引いたまま、煙を吹き上げまいりましょう。

 

と,途方に暮れつつひらめいた。

 

罰ではない。罰などではない。

 

この荷運びこそが,我が天命。

 

中2の夏の天命違えを見過ごしたのも、

 

そこからもがいて無理くりその道行けたのも

 

全ては,この荷運びのための魂の筋力増強カリキュラム。

 

荷物が重くのしかかってもくずおれない心の筋力が充分に付くまで待っていてくれたのは、あなたの愛といっていいですね。

 

確かに重いが,持ちがいがある。うれしいことに、同じ荷物を運ぶ先をゆく人たちの励ましもある。

 

と,周りを見渡すと

 

にもつにもつにもつ、、、、

 

重荷だらけの世の中で

 

自分の背中の風呂敷を

 

愛おしむ気持ちにゃまだとおい。

 

でも,いつかこの荷物降ろすとき。

 

玄関先で、着払いで、しっかりもらいまっせ。

 

神様実印押してある

 

条件なしの音楽天命通行証。

 

道は続くよどこまでも。

 

さあ,張り切って運びましょう!

 

おそまつ!!

 

今日の一曲

Night&Day  鈴木紗理奈